Zoominfo(ズームインフォ)とは?使い方やメリット、株価などを紹介

zoominfo logo
zoominfoとは

営業畑の方は最近Zoominfo(ズームインフォ)という言葉を聞く機会が増えてきたのではないでしょうか?しかし「Zoominfoとは?」「使い方がわからないし難しそう……」などの疑問点や不安点がある方もいるかと思います。

そこでこの記事ではZoominfoに対する疑問点や不安点を解決していきます。

  • Zoominfoとは?
  • Zoominfoのメリットは?
  • Zoominfoはどのようなことができる?

上記のような疑問点や不安点は解決できます。この記事をみることで、今まで以上に営業成績が良くなる可能性が上がり、より利益や効率を追求できるようになります。

目次

Zoominfo(ズームインフォ)とは

Zoominfo(ズームインフォ) とは

Zoominfo(ズームインフォ)は、クラウドを活用した営業及びマーケティング特化型の支援ツールです。リサーチやデータの収集に時間を割いている営業職の人たちが、本業の営業活動に専念できるようなツールになります。

Zoominfoは、ZoomInfo Technologies Inc.(ズームインフォ・テクノロジーズ)という、マーケティングソフトウェアを提供しているアメリカの企業によって提供されています。

GoogleやAmazonといった、世界的に有名な企業でも用いられている営業支援ツールとして注目されています。

Zoominfoとzoomは全くの別関係

名前は似ていますが、ビデオチャットツールのzoomと営業支援ツールのZoominfoは全くの別物です。ツールはもちろん、運営会社も違うので、ご注意ください。

米国内で優良株に指定されている

優良株

ZoomInfo Technologies Inc.といえば、2020年のナスダック取引時に、その年最大の時価総額を記録した企業として、広く知られています。ZoomInfo Technologies Inc.の企業概要によると、DiscoverOrg社及びZoomInfo Technologies Inc.が2007年に合併して、アメリカ合衆国のワシントン州に本社を構える企業です。

Zoominfoが、世界規模で活躍する企業に次々と導入されていった結果、2019年度を境に業績は上がり続け、翌年の2020年には、念願のナスダック上場を果たしました。

初上場の2020年6月4日には、取引当日の終値として、予想売出し価格よりも64%高い、34ドルを記録しています。この取引終了後、Zoominfoの時価総額は、130億ドルまでに跳ね上がり、過去10年間で最も高い株価の上昇を記録したとして、多くのメディアに取り上げられました。現在では、ナスダックにおける、アメリカ合衆国株の優良銘柄の一つとして、広く知られます。

Zoominfoは営業支援ツールとしてのメリットが多い

営業ツール メリット

Zoominfoは、営業及びマーケティングに欠かせない、リサーチ及びデータの収集業務を、可視化した上でそういった業務を自動化する営業支援ツールです。

そのため営業畑の人なら使いたくなるメリットがたくさんあります。使用するべきメリットを理解し、実際の営業に役立てましょう。

メリット1:顧客を分析できて管理できる

これまでの営業活動で獲得した、見込み客を含む、既存の顧客に関するデータを分析、かつより良い関係を構築するための顧客関係管理ツールを提供しています。

その上で、新規の顧客獲得に向けた、マーケティング活動を可視化するためのツール及び、顧客の管理と顧客獲得の流れを自動化するツールをセットで提供している点が、大きな特徴とメリットです。専用の営業ツール使用することで、効率良く営業成功率が高まります。

メリット2:データベースが豊富

Zoominfoには、おおよそ1,400万に及ぶ会社及び、1.2億件相当の個人情報が、データベースとして登録されています。

Zoominfoが確保している会社及び個人の情報データを引き出せるほか、企業提供のサイトやニュース等を通じて、最新のデータに自動更新されるようになっています。顧客情報の常時更新機能により、営業に必要なリサーチとデータ収集にかかる時間を、大幅に短縮できるのがZoominfoの強みです。

メリット3:最適なタイミングで営業を提案できる

Zoominfoは、営業活動による成約率を上昇させるツールとして知られますが、最適なタイミングで、自社が持つサービスの営業を提案できる点も強みと言えます。

例えば、自社のサイトに多くのアクセスが集中し、自社のサービスを購入したい人が急増したとします。アクセスが急増した時点で、予め保存した顧客データベースを基準として、連絡先の優先順位を自動で決めてくれる点が、Zoominfoの大きなメリットです。顧客の購買意欲が高まっているタイミングで、営業活動を開始できるため、成約率も自然と高くなってきます。

メリット4:見込み客の情報が収集できる

Zoominfoには会社のサイトに滞在する時間を長くし、見込み客のメールアドレスなどの顧客情報を獲得する機能も備わっている点が特徴です。

メールアドレス獲得を通じて、訪問した人の属性、場所などの各種情報を収集、顧客データベースの構築を支援する役割も、Zoominfoが代行します。この機能により、顧客にとって魅力的であり、かつ会社にとっても収益力が高くなるウェブサイト構築が可能となります。

なお、顧客の情報収集については、トラッキングに用いられるクッキーを使用しないなど、プライバシーに考慮している点も、Zoominfoならではです。

メリット5:無料で使える営業支援ツール

Zoominfoの場合、電子メールの受信先を「Microsoft Outlook」または「GoogleApps for Business」に限定しています。さらに、登録者及び連絡先に関する情報の収集を容認する形で、無料での利用が可能です。

おすすめの企業としては、クラウドベースの営業支援ツールを、コストをかけずに導入したい会社が該当します。

有料版の値段と詳細は公開されていないので、興味がある方はお問い合わせしてみてください。

営業時間を増やせる支援ツール

事前リサーチや顧客先の情報収集に時間をかける傾向が強い営業職にとって、事前リサーチにかかる時間を短縮できる支援ツールは革命的と言えます。

Zoominfoは、クラウドに保存された顧客データを最新の状態で使えるほか、最適なタイミングで営業活動ができ、収益性の高いウェブサイト構築支援も備わっています。条件付きにはなりますが無料で利用できるため、ノーコストで営業活動の効率化を求める企業に最適と言えます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる