Zoominfoの日本での料金形態は?導入事例や評判もご紹介

Zoominfo 日本

「Zoominfoってどんなサービスなの?」

「Zoominfoの特徴や料金、導入事例が知りたいな」

こんな疑問に答えます。

営業支援サービスを展開している『Zoominfo』という企業をご存知でしょうか?Zoominfoとは、効率的に顧客情報を管理し、営業効果を高めるための営業支援ツールです。

本記事では、Zoominfoの特徴や料金、導入事例をご紹介いたします。また、Zoominfoの他にも営業効率を高めてくれるツールも併せてご紹介いたします。営業支援ツールの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

目次

Zoominfoとは

Zoominfo とは

そもそも、Zoominfoとは、営業支援のSaasツールを提供しているアメリカのIT企業です。『Zoominfo』という名称から、Web会議システムの『Zoom』と関係があるように誤解されがちですが、無関係の企業ですのでご認識ください。

Zoominfoが展開している営業支援ツールは、既に日本でも浸透している『Sales Marker』と似たようなサービスという認識を持っていただくと良いかもしれません。顧客の情報管理や見込み顧客リスト作成など、効率的に営業を行うための機能が豊富に備えられています。

Zoominfoの3つの特徴

zoominfo 特徴

では、具体的にZoominfoの特徴を見ていきましょう。Zoominfoの主な特徴は以下の3つです。

①顧客情報が常に更新される
②最適なタイミングで営業ができる
③顧客データを一元管理できる

1つずつ解説していきます。

特徴①:顧客情報が常に更新される

Zoominfoの最大の特徴としては、顧客の情報が常に更新されるという点です。なぜなら、Zoominfoのプラットフォームは企業のサイトやニュース記事から常に新しい情報をキャッチアップして、更新していくからです。

そのため、営業に必要な情報などはZoominfoだけを確認するだけで事足ります。いくら顧客の情報を自社で獲得したとしても、情報が古ければ成約率が落ちてしまう恐れもあります。

その点、Zoominfoで常に更新された情報を利用することで、成果に繋がる効率的な営業活動ができるでしょう。

特徴②:最適なタイミングで営業ができる

Zoominfoを利用すれば、お客さんにとって適したタイミングで営業ができます。Zoominfoでは、見込み顧客の状況に応じて、通知を出す機能を搭載しており、営業に最適なタイミングで知らせてくれます。

例えば、クライアントがネットのニュースで話題になったタイミングで通知を出すようにすれば、クライアントにとっても最高のタイミングですぐにアプローチすることができます。

そのため、成約率の増加に繋がることもあるでしょう。さらに、ZoominfoはCookieを利用せずに情報を集めているため、Googleによる情報制限も受けにくいことも魅力です。

特徴③:顧客データを一元管理できる

Zoominfoでは、顧客データを一元管理することができます。Zoominfoでは営業に必要な機能や顧客データが全て搭載されているため、社内における顧客情報の共有などもZoominfo1つで完結することが可能となります。

例えば、特定の顧客において、社内のリソース配置が変更となった場合でも、すぐに引き継ぎ対応することができるでしょう。もし、顧客の情報が社内で共有できていないと、会社の信用を落としてしまうことにも繋がります。

顧客データを一括で管理することで、効率的な営業活動を行うことが可能となるでしょう。

Zoominfoの機能や利用するメリット

zoominfo メリット

具体的に、Zoominfoの機能や利用するメリットをご紹介していきます。Zoominfoを利用するメリットは以下の3つです。

①顧客を獲得・管理するコストが大幅に減る
②成約率が抜群にアップする
③営業にかける時間が大幅に増える

それでは、1つずつ順番に解説していきます。

①顧客を獲得・管理するコストが大幅に減る

Zoominfoを導入すると、顧客を獲得し管理するコストが大幅に減ります。なぜなら、Zoominfoを使うことで顧客リストを作成することができたり、社内で顧客情報を共有できるからです。

アプローチするべき顧客が社内で共有できていないと、顧客の重要な情報が抜け落ちて最適な営業活動ができなくなることもあるでしょう。Zoominfoを利用し顧客を一元管理することができれば、一気にコスト削減に繋がります。

②成約率が抜群にアップする

Zoominfoを利用することで、成約率の大幅な増加が見込めます。なぜなら、Zoominfoの機能において、見込み顧客が自社の製品を求める段階で通知をしてくれる機能があるからです。

顧客に関するあらゆる情報がZoominfoに蓄積されており、商品を求める段階で適切なアプローチができるので必然的に成約率が高くなるでしょう。

③営業にかける時間が増える

Zoominfoを利用することで、営業にかける時間が増えていきます。理由としては、営業活動を行う上で欠かせない事前のリサーチ時間が大幅に短縮できるからです。

例えば、これまでは営業活動の担当者が自分でリサーチを行い営業を行っていたところに、Zoominfoを利用することで顧客データをすぐに取り出すことが可能です。また、社内間での共有もできて、情報が蓄積されているのでリサーチ時間が短縮されていく一方です。

さらに、担当者が交代する際も、Zoominfoで情報を共有しているためにスムーズに引き継ぎができることでしょう。事前リサーチの時間を大幅に短縮し、売上に直結する営業活動に時間を割けるのは大きなメリットだといえます。

Zoominfoの料金体系

zoominfo 料金

Zoominfoの料金体系はProfessional、Advanced、Eliteの3つです。料金の詳細に関しては、『Zoominfo』の公式サイトからお問い合わせする必要があります。

ただし、最もリーズナブルなプランでも年間で100万円ほどかかります。一見高いと感じるかもしれませんが、営業効率や成約率を高めるツールとして効果を発揮し十分なリターンが見込める企業であれば、そこまで高い費用ではないでしょう。

実際、AmazonやGoogleなどの有名企業を含めた15,000社以上の企業がZoominfoを活用しています。無料のトライアルもあるので、導入を検討されているのであれば一度試してみても良いかもしれません。

Zoominfoの日本での導入事例・評判

Zoominfoは日本でも徐々に利用者が増えてきている状況です。Zoominfoを早くから注目していて、実際に利用している企業の評判をみていきましょう。

Zoominfoは海外で人気がある営業支援ツールとなっており、日本ではまだまだ浸透していないというのが正直なところです。ただ、海外では有名企業が多く導入していることから今後日本でも普及していくことが期待されています。

日本でおすすめの営業支援サービスとは

Zoominfoは比較的、海外で人気な営業支援ツールです。正直、海外仕様ということもあり日本で利用するには使いづらい点があることも事実です。しかし、日本にはZoominfoの他にもおすすめの営業支援サービスがあります。ここでは、日本向けの営業支援ツールをご紹介させていただきます。特に、日本で営業支援ツールを導入する際に検討すべき会社は2社です。

①Sales Maker

Sales Make

Sales Makerとは、顧客情報を管理し成約率をあげるための営業支援ツールです。消費者の購買行動データを蓄積しており、意欲の高いユーザーに効率よくアプローチすることが可能となります。

また、社内でバラバラに管理されている顧客情報を一括管理し、共有することでスムーズに営業活動ができるようになるでしょう。実際に、SalesMakerを導入された企業では成約率が30%もアップした事例もあり、今後さらに期待が高まっていく営業支援ツールです。

日本の企業が求める機能も多数搭載されているため、日本で営業支援ツールを利用するのであればSalesMakerを利用することをおすすめします。無料で具体的な資料もみることができるので、興味がある方はチェックしてみるとよいでしょう。

②Salesforce

Salesforceとは、Sales Makerと同じく顧客の情報を管理し、営業活動のプロセスを効率化して売上を最大化させるためのツールです。

Salesforceの特徴としては、見込み顧客の獲得から成約率の向上、顧客へのカスタマーサポートを行う機能など、営業からサポートまでの機能が全て備わっている点です。具体的には、SFA、CRM、MA、アプリ作成などの機能があり、部門間の共有もスムーズに行えます。

ただし、Salseforceは大規模な事業者にも対応しているため、費用が高いと感じる事業者も多いです。費用対効果を事前に確認したい方は、30日間の無料トライアルを試してみても良いかもしれません。

まとめ

まとめ

今回は、Zoominfoの特徴や機能、導入事例などをご紹介いたしました。

Zoominfoは海外向けの営業支援サービスということもあり、日本企業で利用するにはSales Markerが最適です。

これから営業支援のツールを導入して営業効率を上げていきたい方はぜひ問い合わせてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる