インテントデータの活用法を知っておこう!利点や使用例も紹介

インテントデータ

「インテントデータってなに?」「インテントデータを活用したいけど、方法がわからない」

近年インテントデータが注目されつつあり、その活用方法や使用例などを知りたい、という人も増えてきています。

本記事では、インテントデータとはどういったものなのか、導入のメリットや詳しい活用方法などを解説していきます。この記事を参考にして、ぜひインテントデータを活用してみてください。

目次

インテントデータとは

インテントデータ とは

インテントデータとは、WEBページ上で意思を持って行動されたデータのことであり、顧客の興味や関心がどこに向いているのかを知れるデータになります。顧客の興味が向いている方向を知ることで、マーケティングの参考にしたりアプローチの方向性を決めたりすることに役立ちます。

そのため、自社サイトのアクセスデータを解析してインテントデータを用いることで、より精度の高いマーケティングが可能になります。しかし、自社サイトのみのインテントデータではそこまでの精度が期待できず、新規顧客の開拓は難しいものがありました。そんな中でなぜ今、インテントデータが注目を集めているのかを詳しくみていきましょう。

インテントデータが注目されるようになった理由

インテントデータが注目されるようになったのには、理由があります。それは、インテントデータを提供するベンダーの登場です。そもそも、これまでは自社サイトから取得できる精度の低いデータしかなかったため、そこまで活用されていませんでした。

自社サイトだけでは、既存顧客の行動データを取得できても、新規顧客や潜在的顧客の行動データを取ることは、ほとんどできません。なぜなら、自社サイトに来るユーザーは、既に自社製品の情報を知っている顧客がほとんどだからです。しかし、ベンダーの登場により、外部サイトからの情報を細かく集めることができるようになりました。

例えば、全く関係のない企業が、自社製品に関わりのあるキーワードをよく検索している・興味を持っているとなれば、全く接点がなくても営業訪問をすることができ、新規顧客の獲得につながります。

このようにインテントデータを使用することにより、これまで全く面識がなく、接点のなかった企業に対してもアプローチできるようになりました。これらの理由により、近年インテントデータに対しての関心が高まっています。

インテントデータ導入のメリット

インテントデータ メリット

マーケットを開拓する上で、インテントデータは重要です。特に新規顧客を開拓するにあたっては、データの精度が高ければそれだけで時間とコストの無駄を省けます。時間やコスト削減以外にも、以下の4つのメリットが考えられます。

  • 精度の高い予測分析
  • 企業に対して必要な情報を提供
  • 顧客に優先順位付けが可能
  • 自社商品の潜在顧客に効果的に宣伝をできる

上記のメリットが考えられます。それぞれのメリットについて、ひとつずつ詳しく解説していくので、ぜひ導入を検討する際の参考にしてみてください。

メリット①精度の高い予測分析

メリットの1つ目は、精度の高い予測分析が可能だという点です。もともと自社サイトを分析して行動予測をしていた企業もありますが、そこまで精度は良くありませんでした。しかし、自社サイトとは全く関係のないWEBサイトからの行動予測データを手に入れることが可能になり、精度の高い予測分析が可能になりました。

そのため、複数の外部サイトが元になっているデータを活用することによって、より確実性の高い商談に臨めます。自社の顧客データと併せて活用することで、さらに効果的なマーケティングが可能になるでしょう。

メリット②企業に対して必要な情報を提供

メリットの2つ目は、企業に対して必要な情報を提供できるという点です。企業にとって情報は大切なものですが、だからといって全く接点のない企業の情報は集めることはほとんどないかと思います。

しかし、これまで何の接点もないと思っていた企業であっても、自社製品を必要としていることがわかる確実なデータを手に入れられれば話は違ってきます。データを手に入れられれば購買意欲の高い顧客を見つけ出して、確実性の高い商談をおこなえます。

メリット③顧客に優先順位付けが可能

メリットの3つ目は、顧客に優先順位付けが可能であるという点です。ベンダーは、検索データだけを提供しているわけではありません。特定のキーワードや条件下で検索している企業や興味を持っている企業の一覧を提供することも可能です。また、より自社製品に興味を持っていそうな企業をピックアップすることで、商品をPRするべき顧客に優先順位をつけられます。

たとえ自社データによって優先順位が下位の企業であったとしても、外部サイトのデータによっては、優先するべき企業になりうることもあります。順位付けをした顧客の上位から、広告を配信したりテレアポしたりすることによって、商品の効果的なマーケティングをおこなえます。

メリット④自社商品の潜在顧客に効果的に宣伝をできる

メリットの4つ目は、潜在顧客に効果的に宣伝できるという点です。自社商品に辿りついていなくても、関連キーワードを多く検索しているということは、それだけ商品に対して興味を持っているということでもあります。そのような潜在顧客に対して広告を打ったり、積極的なアプローチをしたりすることで、効果的なPRができるのでコンバージョン率高く営業ができます。

インテントデータの活用方法

インテントデータ 活用方法

インテントデータのメリットは理解できたかもしれませんが、どのような活用方法があるかわかりませんよね。活用方法を知らなければ、いくら良いシステムを導入しても何の意味もありません。そこで、どのような活用方法があるのかを詳しく解説していきます。具体的な活用方法を導入することで、すぐに効果的なマーケティングが可能になります。

商談のきっかけ作りができる

インデントデータを上手く活用することで、商談のきっかけ作りができます。具体的な活用方法としては、インテントデータで顧客の興味や関心の方向性を知れることです。商談相手が何に興味があるのかを知れれば、知りたいと考えている情報を的確に提供できます。

「弊社ではそのお悩み解決できます」「弊社のサービスは御社にこのようなメリットがあります」など、先方に刺さるように的確に商品やサービスを紹介して、商談までこぎつけましょう。

見込み客の購入確立を上げられる

数回商談したことがあるような、見込み客相手であっても効果を発揮してくれるのが大きな利点です。もともと自社製品に興味を持っていて何度か商談をしている場合、商談自体は成立していなくともある程度の信頼関係が築けているかと思います。

逆にいえば、信頼関係を築けているのに商談が成立していないのは、効率が悪いといえます。効率を上げるためには見込み客の行動データを分析して、相手を納得させられるような情報が重要です。そのため、外部からインテントデータを取得して、オリジナルの商談資料を作り、商談に臨みましょう。

相手が欲しがる情報を重点的に説明することで、購入確立を格段に上げられます。

広告を打つ範囲を限定してコストの削減

インテントデータを活用して、より商談成立の可能性が高い見込み客に優先して広告を打つということは、広告の範囲が限定できるということです。広告は、広範囲に広げれば広げるほど、多くのコストがかかる且、効率が悪くなります。

しかし、効果のあるところだけに限定して広告やDMを配信することで、コストの削減につなげられます。また訪問やDM、メールなど顧客に合わせて営業方法を変えられるので、よりコストを低く抑えられます。

上記のように上手くインテントデータを活用して、できるだけ無駄なコストを減らして、事業を大きくしていきましょう。

インテントデータと自社データを組み合わせてみよう

インテントデータだけでは、うまく有効活用できません。そのためインテントデータと併せて、自社データも活用することが大切です。インテントデータと自社データを連携させられれば、より有力な情報が取得でき、効率的なマーケティングが可能になります。

自社サイトの分析結果では優先するべきではない顧客だったとしても、外部サイトの分析によれば優先度を高くするべき、との結論が出るかもしれません。またインテントデータを分析するだけではわからなかったことも、自社サイトの顧客情報と照らし合わせることでわかることもあります。外部と内部のデータをそれぞれうまく組み合わせることで、最高の結果を導き出しましょう。

日本でインテントデータを提供しているベンダー

日本の多くの企業がインテントデータについて注目している中で、特に海外ではインテントデータを提供するベンダーが多く登場してきています。ベンダーの多くは海外にいますが、日本でもインテントデータを提供しているベンダーがあります。

日本国内ではまだまだインテントデータを提供するベンダーは少ないものの、その精度が海外のベンダーに劣るわけではありません。そのため、これから導入したいと考えているのであれば、日本のベンダーを活用することも検討してみてはいかがでしょうか。

Sales Marker

Sales Markerは、日本でインテントデータを提供しているベンダーです。上記で海外のベンダーが多くあることを伝えましたが、やはり日本語対応や日本人対応に長けている日本のベンダーの方がおすすめできます。

Sales Markerは条件にあったリストを30秒で作成できるので、思い立ったらすぐに営業を開始できます。また、初めてインテントデータを導入するから不安という人には導入から1~3ヶ月間カスタマーサクセスがサポートしてくれるので安心できます。

今後、外部サイトのデータや見込み客の一覧を活用してマーケティングの精度を上げたいというのであればぜひ、Sales Markerを利用してみてください。

まとめ

今回は、インテントデータについて詳しく解説してきました。多くの企業が関心を持っている分野であり、正確な情報を得ることで、より確度の高いマーケティングをできるため注目を集めています。そのため、導入を急いでいる企業も多くあります。

今後ますますインテントデータの需要は高まると考えられるので、ぜひ今のうちに導入を検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる